プロフィール

  • All_2

    みうと申します^^
    みうっでぃーにてドラクエ10プレイ中です。
    本職 戦士 バトルマスター 魔法戦士 武闘家 僧侶など
    好きなゲームジャンルは野球、サッカー、F1、ドラクエなど
    さぬきうどんが大好きで年に何回か香川県にうどんを食べに行ってます^^

    All3

    姪っ子キャラ れなです
    ドラクエ10プレイ中
    道具鍛冶レベル23^^

    All2

    ドラクエ10プレイ中
    僕のフレさんのキャパさんです
    本職 パラディン バトルマスター 戦士 魔法戦士 僧侶など
    通称 『小さな勇気 緑のキャパラディン』
    口癖は『おいら』『照』など^
    キャパさんの記事は本人の言った事、言いそうな事を筆者のみうが書いています。

    Bup_3

    キャパっす(通称キャパじろう)
    キャパさんの弟
    都会人、職人目指して奮闘中^^
    口癖は『てれ~~~』 『おいら』 『っす』など
フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

著作権に関して

  • このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
    (C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

« 【修正】ドラクエ10 伝説の三悪魔の構成をシュミレート^^ | トップページ | 『第2回 バトルグランプリ 秋 』 運営便り 第25号より »

2014年10月 3日 (金)

ドラクエ10 コロシアム考察 その2 『セオリーと臨機応変』 11/25 魔法戦士のフォースブレイクについて 一部修正しました

175826541

513b06a291545273799a0338a56a5d841eb
本家ブログ『おいらっす!キャパっす照』絶好調のキャパさん。
元祖ブログは『ドラクエ10 みうとれなとキャパの攻略日誌』





妖怪ウォッチみたいなキャパさんですが、最近戦士でコロシアムデビュー!!

プレオープン時はパラディン、その後途中からバトルマスター、そして2.3前期より凱歌セットを購入して戦士デビューとなりました^^

彼はこだわりを持つプク。これと決めたら一つに集中です。
そんなキャパさんですが・・・・


513b06a291545273799a0338a56a5d841eb
『戦士の立ち回りが難しいっす泣
わかったようでわからないっすね;;』



との事。


確かに難しいですね。対人戦なので答えは一つではありません。






僕はコロシアムをする時、一人で参加、二人で参加が多いのですが、
コロシアムで勝利するにはセオリーを意識しつつも、試合展開や味方と相手のPT構成によって臨機応変に戦い方を変えれるかが重要だと思います。

それらを踏まえてコロシアムについて考察してみようと思います。


続きは『続きを読む』からどうぞ^^

繰り返しますがセオリーと言っても、セオリーに決まりは無く、答えは一つではないと思います。
人によって意見は様々だと思います。

僕がここで述べるセオリーとは、

・味方、対戦相手のPT構成を確認して耐性装備をどうするのか決める。

・自分は味方のPT構成の中でどんな役割なのか。

・戦略の基本 誰から倒すか、誰が誰を狙うのか、誰がとどめを指すのか。




この3つを念頭に入れながら戦う事です。
ただそれに執着しすぎてもだめかと思われます。


513b06a291545273799a0338a56a5d841eb
ふむふむ
なるほど。そうっすね。

4人でPTを組んで挑むいわゆる『固定PT』であれば意思疎通が出来ていると思われるっす。ですのでセオリーに忠実でいいと思っす。


でも1人から3人で参加のいわゆる『野良PT』では意思疎通が完璧に出来るわけではないっすね。

またいつも思い通りに行くわけではないので、臨機応変に動く事も重要っすね。

スポンサード リンク





■セオリーの一例

161821880

味方の構成がバトルマスター、戦士、魔法戦士、僧侶の場合のセオリーの一例を上げてみようと思います。

対戦相手の構成が戦士、バトルマスター、魔法戦士、魔法使いだとします。



■味方、対戦相手のPT構成を確認して耐性装備をどうするのか決める。

対戦相手の注意すべき属性攻撃は、魔法戦士のシャインニングボウ(光属性)、魔法使いのマヒャデドス(氷属性)ですね。

魔法戦士のシャインニングボウも怖いですが、魔法使いのマヒャデドスは範囲攻撃で怖いので、攻撃呪文耐性とアイスタルトを食べて対策ですね。

盾を持てる戦士、僧侶、魔法戦士は盾に攻撃呪文ダメージ減21%以上。
体上も攻撃呪文ダメージ減21%以上。
そしてアイスタルト☆2を食べればマヒャデドスのダメージをかなり軽減出来ます。



■自分は味方のPT構成の中でどんな役割なのか。

HPや守備力の高い味方のプレイヤーがポイントを持つのがセオリーかと思います。
今回の構成で行くと、戦士、魔法戦士がポイントを持つ。
もしくは魔法戦士と僧侶がポイントを持つ。
戦士、魔法戦士、僧侶が均等にポイントを持つ。

何パターンか考えられますが、理想は魔法戦士がポイントを持ち、逆にバトルマスターはポイントを持たない事がセオリーだと思います。

そうする事で対戦相手は魔法戦士を倒したいけど、ポイントを持ってないバトルマスターが立ちはだかって攻撃してくる、
といった感じで攻撃は最大の防御状態になります。

これがセオリーかと思います。

・バトルマスター

対戦相手のHPを削るのが役目。
とどめは戦士か魔法戦士がさす。

・戦士

対戦相手のHPを削ってもよし。
とどめを指してもよし。

ラスト10秒で自分が倒されても、勝敗に関係ない場合ファランクスして点を持っている魔法戦士をかばう、または僧侶をかばう(この場合、僧侶はポイントを持っている味方のプレイヤーに残り1秒でザオラルする。こうする事によってもしポイントを多く持っている人がラスト倒されても蘇生でポイントが取り戻せて勝利となる。)

ポイントを多く持った場合はファランクスを有効に使って、攻撃しながらもポイントを守る。

・魔法戦士

基本、弓で魔法使いを倒したい。
シャイニングボウで魔法使いを狙う。

もしくは戦士、バトルマスターが対戦相手のバトルマスター、戦士、魔法戦士、魔法使いのHPを削った後、さみだれうちやサンダーボルトなどでとどめをさす。

対戦相手の魔法使いがポイントを多く持たない展開にもっていくのがポイントだと思います。
対戦相手の魔法使いがポイントを持っていない展開に持っていければ、味方のバトルマスターが対戦相手の魔法使いを1発で倒すのもおkですね。
この場合、ポイントの移動がほとんどないからです。

フォースブレイクで戦士か、魔法戦士を狙いたい。
優先は戦士だと思います。もしくはポイントを多く持っている方を狙う。

フォースブレイクが入れば、シャイニングボウで倒すか、あらかじめフォースを味方の戦士、バトマスにもしておく。
(フォースブレイクは全属性ダウンなどで、属性攻撃に弱くなる。マヒャドデス、メラゾーマなどの攻撃呪文も属性攻撃。

両手剣のビッグバン、フリーズブレードも属性攻撃。アポロンのオノなど武器に属性付加であればそれも属性攻撃。

フォースをすれば全て属性攻撃になる。フォースは対戦相手が耐性装備する事が少ないものを選ぶのがいいかと思います。

個人的には味方に魔法使いがいなければ、闇のダークフォースがいいかなと思います。味方に魔法使いがいる場合、ロイアルチャーム装備の可能性があります。

ロイヤルチャームは氷、闇属性ダメージ減です。この場合はダークフォース、アイスフォース以外を選ぶ。

というように味方の構成から、対戦相手が装備してないであろう属性のフォースを選ぶのがいいかと思います。

フォスブレイクが効けば、どの属性のフォースでも関係ありませんが、フォースブレイクがかかっていない時の事も考えたほうがいいと思います。)

・僧侶

今回は、4人全員攻撃が攻撃呪文耐性万全だと仮定します。
攻撃呪文耐性万全だとしても、マヒャデドスで倒される可能性があるのはバトルマスターのみ。

ですので補助呪文はスクルト優先。
その後はベホイム、ベホマラーなど回復優先で立ち回ります。

回復とザオラルはポイントを多く持った人優先。
今回の構成で思惑通りの試合展開になれば、魔法戦士、戦士のザオラルが優先になるかと思います。


■戦略の基本 誰から倒すか、誰が誰を狙うのか、誰がとどめを指すのか。

基本は攻撃力が高くて、守備力の低い職から倒すのがセオリーかと思います。
今回の構成の場合、対戦相手のバトルマスターと魔法使いを倒したい所ですね。

一例ですが、開幕は味方のバトルマスターが、対戦相手のバトルマスターに天下無双。戦士が対戦相手のバトルマスターに超はやぶさ斬り、もしくははやぶさ斬りでとどめをさす。

魔法戦士は対戦相手の魔法使いをシャイニングボウで倒す。
これでリードなので、味方陣地に戻って守りに入ってもいいと思います。
味方陣地で迎え撃つ形にします。

この時もバトルマスターは出来るだけとどめをささず、削り役になる。
例外としてポイントを持っていない対戦相手にはとどめもさしてもおkかと思います。

この場合、僧侶は戦士と魔法戦士と自分の回復優先で、蘇生は戦士と魔法戦士を優先する。



■臨機応変に動けるか

とここまで書きましたが、これは理想的な展開に持っていければの話。
例えば、バトルマスターがとどめをささない事が目的ですが、会心の一撃が出てとどめを指してしまうかもしれません。

また味方のバトルマスターや戦士が、相手のバトルマスターにみとれるかもしれません。
味方の魔法戦士が、対戦相手の魔法使いにシャイニングボウをしたいけど、対戦相手の戦士が魔法使いをかばうかもしれません。

こういった時に臨機応変に動けるかだと思います。


みとれと会心はどうしようもないのですが、対戦相手の戦士が魔法使いをかばった場合、
まずは対戦相手のバトマスを戦士の超はやぶさ斬りと魔法戦士のさみだれうちで倒す。

(※みとれに関しては、防ぐ方法もあります。対戦相手の近くでコマンド入力をすると、みとれの判定があります。
ですので距離がある位置からコマンドを入力すれば、みとれの発生はないと思われます。
これは対戦相手にスーパースターや、旅芸人がいる時も使えるテクニックです。)

この時、仮に戦士の超はやぶさ斬りが会心出て対戦相手のバトルマスターのとどめをさしたとしても、HPと守備力の高い戦士がポイント持つのでそれはそれでおkかと思います。

バトルマスターは対戦相手の戦士にビッグバンします。
この時、対戦相手の戦士はかばうを解除すれば、ダメージは対戦相手の戦士に約300。
対戦相手の魔法使いに約300入ると思われますので、味方の魔法戦士がシャイニングボウかさみだれうちで対戦相手の魔法使いにとどめを指せばいいと思います。

この時、対戦相手の戦士が魔法使いをかばったままの場合、戦士は約600ダメージ受けると思います。

この後、かばうは一定時間で解除されますから、先に対戦相手の魔法戦士を倒したほうがいいかもしれません。

と書いたのも対戦相手の魔法戦士も怖いですよね。
バトルマスターがビッグバンと書きましたが、対戦相手のシャイニングボウで1発で倒されるかもしれません。
また対戦相手のマヒャデドスでバトルマスターは倒されるかもしれません。

この場合、僧侶は味方の戦士と魔法戦士の回復を優先して、バトルマスターは陣地で復活して、再度攻め込むのがいいかもですね。

戦士と魔法戦士で相手のバトルマスターを倒したら、戦士と魔法戦士で相手の魔法戦士を倒す。
これでリードなので、味方陣地に戻って迎え撃つ形にする。


■それでも劣勢になった場合


対戦相手も、同じように戦略ばっちりであれば劣勢になる事もありますね。
その場合、ラスト30秒で戦士はオノ無双、バトルマスターが天下無双、ビッグバン、魔法戦士がシャインニングボウ、僧侶は祈りしてベホマラー連発する事によって逆転を狙うのもありかと思います。
この時は勝てばいいので、バトルマスターはHPを削ることにこだわらずに対戦相手のバトルマスターや、ポイントを持っている対戦相手にとどめをさしてもいいかと思います。

513b06a291545273799a0338a56a5d841eb
味方のPT構成、対戦相手のPT構成によって攻撃と守備のバランスが変わるっすね^^



■対戦相手側に僧侶がいる場合

146177281

逆の立場で考えてみようと思います。
味方の構成が戦士、バトルマスター、魔法戦士、魔法使い。
対戦相手の構成が戦士、バトルマスター、魔法戦士、僧侶の場合。


■味方、対戦相手のPT構成を確認して耐性装備をどうするのか決める。

怖いのは魔法戦士のシャイニングボウですね。
戦士と魔法戦士は盾、体上に光属性ダメージ減とライトタルトを食べたい所です。
戦士と魔法戦士はHPが多いのでライトタルトを食べるだけでも変わってくると思います。

バトルマスターと魔法使いはそれでも1発でやられるかもですが、バトルマスターの場合、ブレードガードやビックシールドの武器、盾ガードも併用すれば耐えれるかもですね。

■自分は味方のPT構成の中でどんな役割なのか。



・バトルマスター


基本、削り役。
対戦相手のバトルマスター、僧侶優先でHPを削りたい所ですね。

・戦士

バトルマスター、僧侶優先でとどめをさしたい。
たいあたり、チャージタックルで僧侶のザオラルをキャンセルしたい。

・魔法戦士

バトルマスター、僧侶を優先でとどめをさしたい。
戦士、僧侶優先でフォースブレイクしたい。
(戦士、バトマス、魔法戦士、僧侶構成時と同じ考え)

・魔法使い

バトルマスターを優先でマヒャデドス。
対戦相手がマヒャデドス対策をしていれば、メラゾーマ、イオナズンなどで対戦相手のHPを削りたい。

対戦相手がファランクスの時を避けて呪文で攻撃したい所。
対戦相手の戦士や魔法戦士が、攻撃呪文耐性万全な上にファランクス状態だと満足なダメージが入らないと思います。

ムチや短剣を使って状態異常を狙うのも手ですが、奇策だと思います。
ムチで幻惑や、短剣で混乱、マヒ、眠りなどを狙う。
対戦相手が耐性装備してたら通りませんが、意表をついた作戦になると思います。
眠りガードは装備している人が多いので狙い目はカオスエッジをバトルマスターや僧侶にする事だと思います。

ただ返り討ちにあう危険性も大きいですね。

■戦略の基本 誰から倒すか、誰が誰を狙うのか、誰がとどめを指すのか


バトルマスターと僧侶から倒したい所ですね。
魔法戦士がシャイニングボウでバトルマスターを倒すか、
魔法使いがマヒャデドスでバトルマスターを倒すか。

また開幕、対戦相手の魔法戦士が、味方の魔法使いにシャイニングボウをする可能性が高いですね。戦士が魔法使いをかばうのも一つの手ですね。


点数は戦士と魔法戦士が持つか、魔法戦士と魔法使いが持つかだと思います。
理想は戦士、魔法戦士、魔法使いが均等にポイントを持って、バトルマスターは点数を持っていない事かもしれません。

魔法使いも点数を持ってもいいと思いますが、その場合戦士が魔法使いをかばう必要も出てきますね。



開幕、戦士は魔法使いをかばう。
魔法使いがバトマスをマヒャデドスで倒す。

その後戦士はチャージタックル、たいあたりで僧侶のザオラルを阻止する。

バトルマスターは僧侶に天下無双でHPを削り、
魔法戦士は僧侶にシャイニングボウでとどめをさす。
戦士のたいあたりが上手くいっている場合、バトマスと魔法戦士は先に対戦相手の魔法戦士を狙ってもいいかもです。

対戦相手のザオラルが間に合わなければ、終盤まで攻撃で押していくか、どこかのタイミングで味方陣地に引くか難しい所です。
個人的には終盤まで攻めて、ラスト1分から30秒になったら自軍陣地に戻って守るのも有りかと思います。

対戦相手に僧侶がいる場合、僧侶にザオラルをさせない事が勝利への道ですね。
ザオラルをしようとしている僧侶に味方の戦士がたいあたりや、2人以上で相撲や壁をしてザオラルをさせないようにするとか、ザオラルしにきた僧侶を集中攻撃で倒すなどですね。




■臨機応変に動けるか


思惑通りにいかず劣勢になった場合、試合を序盤から中盤まで戦っていると、『僧侶さんがうまい』とか『魔法戦士がポイントを持っている』などリードされてる原因が見えてくると思います。

この場合リスクはありますが、味方4人で僧侶を集中攻撃して倒す。
その後魔法戦士を倒すなど。

対戦相手のバトルマスターと戦士の攻撃にどれだけ耐えれるかもポイントになってくると思います。
味方の戦士がバトルマスターをかばってもいいかもしれません。
でもずっとかばうだと、攻撃の手が減っているという事なので、かばうのタイミングが難しいですね。


戦士のかばうについての個人的意見ですが、序盤、中盤は一撃だけかばう。
その後は戦士も攻撃参加の方がいいと思います。

ラスト10秒でリードしていたら、僧侶をかばう。
(味方に僧侶無しの場合、一番ポイントを持っている味方をかばう)

これも現在のシステムだと鉄板だと思います。
僧侶はラストに戦士にザオラルします。
仮に戦士が倒されたとしても、蘇生成功すれば勝利。
戦士が耐えれれば勝利。
という事でどちらにしても勝利ですね。

ただ慣れも必要で、僧侶と共倒れになる場合もあります。
戦士はかばう前に会心完全ガード、ファランクスも前もってしておけば、かばうが更に有利になると思います。



513b06a291545273799a0338a56a5d841eb
これなんすよね。
かばうのタイミングが難しいっすね。

基本かばうは開幕か、ラスト10秒だと思うっすが、試合序盤、中盤でもしたほうがいい場面もあるっすし。
といってもかばうに集中しすぎると、おいらが攻撃してないわけっすから攻撃の手が減ってるっすね。





■PT構成によって役割が変わる可能性もある

528_013

自分の役割は味方と相手の構成によって変わってくると思います。
例えばバトマスは基本、対戦相手のHPを削りポイントを持たない事が理想ですが、
味方のPT構成がバトルマスター2、魔法使い、僧侶でオートマッチングされたとします。

対戦相手にスパスタや魔法使いがいるとします。
その場合、対戦相手もマホカンタが出来ますから、味方の魔法使いの攻撃呪文でダメージを与えるのは難しくなりますね。
この場合、バトルマスターの一人と僧侶はポイントを多く持つ、もう一人のバトルマスターはポイントを持たないようにするのが理想かと思います。
つまりバトルマスターもとどめをさす役割になる場合もあるんですよね。



また今回例に上げた構成でも、オートマッチングの場合、人それぞれ腕前や考えが違いますから理想通りの展開に持っていけない事が多いかと思います。
そういう時は自分がバトルマスターだとしても味方の動きを良くみてとどめをさすようにしてます。
ポイント多くもったらファランクスして逃げてポイントを守る場合もあります。
これも臨機応変かと思います。



コロシアムは対人戦ですから、色んな展開が考えられますよね。
でも基本どう戦うかを念頭に入れておくのが重要だと思うんです。

その上で臨機応変に動けるかによって勝率が変わってくるのではないかと思います。

またポイントをリードしたら、どこかのタイミングで味方陣地へ退くのも重要だと思いますし、攻撃は『最大の防御』でもありますから攻めるのも重要だと思いますので、そのバランスも難しいですね。

また中央の柱に隠れたり、状況によっては逃げたり、戦士がかばうをしたりですが場数を踏むのも重要ですね。


特に敗戦時に、『もっとこうすれば、勝てたかも』という自己分析も、その後の勝率に変わってくるかと思います。


513b06a291545273799a0338a56a5d841eb
『反省を次に生かす!!』これっすね^^

961409701075
キャパさんも頑張って!!

513b06a291545273799a0338a56a5d841eb
おおおおおw
コロシアムでみうさんと戦った匿名希望さんっすね!

ありがとうっす!!
おいらもがんばるっすキリッ

961409701075
そういえばきらくが激やせしてて
びっくりしたんだけどw

10

ちい~~~~~~~す!!

513b06a291545273799a0338a56a5d841eb !!!


961409701075 出たw

10
人間だとコロシアムで動きにくいっすね。
でかいっすw

元に戻るっす!!


10_2
ふうw


513b06a291545273799a0338a56a5d841eb
プクは小さいから動きやすいっすよね^^

10_2
そうっすねw
おいらも動きまくるっすよw

961409701075
きらくはやっぱプクのほうがいいなあw

10_2w






ちなみに戦士は攻撃呪文ダメージ減の装備(魔法使い、賢者、スパスタ対策)と、風属性ダメージ減(武闘家のピンクタイフーン、サイクロンアッパー対策)の装備が欲しい所です。

この2つを盾と体上で持っていれば、かなり戦士が有利になると思います。
風属性ダメージ減は『風属性ダメージ減錬のルフの盾』、攻撃呪文ダメージ減であれば『風魔の盾』などがいいかと思います。

そしてピンクタイフーン、サイクロンアッパー対策の料理はストームタルト☆2。
これとファランクスを組み合わせるとかなりダメージを軽減出来ます。


ブログランキングに参加しております^^


人気ブログランキングへ


スポンサード リンク

« 【修正】ドラクエ10 伝説の三悪魔の構成をシュミレート^^ | トップページ | 『第2回 バトルグランプリ 秋 』 運営便り 第25号より »

ドラクエ10 コロシアム」カテゴリの記事

コメント

フムフム
勉強なるっす!
早くうまくなりたいので
立ち回りの参考にするっすね♪

>キャパさん
魔法戦士ならとどめをさす。
バトルマスターはHPを削るという事で、役割が明確ですが、戦士は状況によってとどめを指してよし、HP削るもよしなので難しいですね。
かばうのタイミングも正解ないので難しい。

その分面白いですね^^
僕も更に精進しようと思います^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1972097/57563482

この記事へのトラックバック一覧です: ドラクエ10 コロシアム考察 その2 『セオリーと臨機応変』 11/25 魔法戦士のフォースブレイクについて 一部修正しました:

« 【修正】ドラクエ10 伝説の三悪魔の構成をシュミレート^^ | トップページ | 『第2回 バトルグランプリ 秋 』 運営便り 第25号より »

スポンサード リンク



カテゴリー